酩酊記

0.1%は音楽の話、残り99.9%はaiko大先生への愛

機材を自慢します


かれこれ7年の付き合いになる愛機を紹介します。

(リクエストをいただいたので心置きなく自慢できるぞ!やった!)

 

 

こいつだ 

f:id:yone-yama:20180308202715j:plain

 

Fender Custom Shop 1960` Jazz Bass Relic

フェンダーの現行ラインにはざっくり「ジャパン≪メキシコ≪USA≪カスタムショップ」というランク付けがあります。なのでカスタムショップ=新品で買える一番いいやつということです。

ちなみにカスタムショップ内でも序列があって、フェンダー社内に数人いるレジェンド級の職人がひとりでつくる最強の「マスタービルド」と、マスタービルダー監修下の複数人のチームで作るやや廉価な「チームビルド」があります。

こいつはチームビルドなので、モノは最高だけどそこまで無茶な値段はしない。大体年代経るごとにエグい値上がりするので、あの時無理して買っておいてよかった。

それでも当時2桁万なかばで、漢気n回ローンを組んで数年間地獄を見ました。(nは60までの自然数とする)

 

1960とある名の通り、1960年("年代"ではない)のモデルを再現しています。

この1960年がジャズベースというモデルが発表された年なのです。なにごとも初作が至高なのです。ビートルズバック・トゥ・ザ・フューチャー以外は。

以下、個人的萌えポイントを説明します。

 

2ノブ

f:id:yone-yama:20180310102641j:image

普通のジャズベは3ノブ(2ボリューム1トーン)ですが、こいつは2ノブモデル。2ボリューム2トーンという構成で、ピックアップ毎にトーンが変えられる。変えられると何が良いのか。気分が良いです。ノイズは3ノブの方が少ないらしい。知るか

 
ゴールドパーツ

f:id:yone-yama:20180310101807j:image

パーツが全部ゴールド。レリック加工されてるのでむっちゃ渋い。使い古した真鍮のジッポとかそんな風合い。音の良し悪しには関係ないが弾いているときのテンションとは非常に関係が深い。

 

逆巻きペグ

f:id:yone-yama:20180310102653j:image

通常とペグを巻く方向が逆です。だから何ということはない。たまに人のベースを借りると高確率でチューニングでまごまごする。そんなささいな出来事すら愛おしい。「やっぱ俺、あいつがいなきゃ駄目なんだな」ってなる。

 

塗装と木目

f:id:yone-yama:20180310102701j:image

まずもって塗装が超薄いです。理由は楽器屋のお兄さんに聞いた気がするけど忘れました。

近くで見ると袖に触れる部分の塗装が削れて、木目がうっすら透けています。

めっちゃいい木材の木目がめっちゃさりげなく浮き上がってる感じ、ヤバくないですか。

 
f:id:yone-yama:20180310102000j:image

 

さらに裏返すとこう。美しさがトチ狂ってますね。

 

 

マッチングヘッド

f:id:yone-yama:20180310102714j:image

ボディ色とヘッドの塗装色が同じ。サブカル女子における星野源、アメ車ファンにおけるNOS、酒飲みにおけるストゼロ、つまり無条件にブチ上がる俺たちのエデンでありヴァルハラ、それがマッチングヘッド。ヘッドがマッチしていない楽器などただの木片。

 

総括

書いてて気づいたんですけど、買った時の自分、完全に見た目だけで選んでましたね。試奏しなかったし。でも間違いじゃなかったぞ昔の自分。ローン大変だったけど頑張ったな。えらい。

当然音は最高です。膨らみ過ぎたり出切らないポジションがない。地味に嬉しいのが、チューニングがほんとに狂わない。スタジオでガシガシ三時間くらい弾いて、家帰ってチューニングしようと思ったらまったく狂ってなくて戦慄します。

 

 買ってよかった。気持ち的には「買わせていただけてよかった」という方が近い。たかだか顔の書いてある紙切れ数十枚と引き換えにこんな素敵なアイテムを手元に置けるなんてすごい。

 

 

 

番外編 周辺機材


f:id:yone-yama:20180310101845j:image

昔はコンプと歪みとイコライザを置いてました。でも機材に頼るの良くないな、と思って全部外して、かれこれ三年ほどDIだけでやってます。ハコでもレコーディングでも場所によって音が変わるの非常にストレスですよね。好みのDIがあればゴミなハコでもまあまあちゃんとした音が再現出来るので、ほんとに便利。「今日はハコが悪かったなー」みたいな言い訳が出来なくなるのもすごく良いです。

 


f:id:yone-yama:20180310101916j:image

最近シールドを買いました。Kaminari Guitars。細くて緑色でかわいい。ノイズが少ない気がするけど、もともとノイズはないのでただひたすらかわいい。あと巻いても跡がつかないのがよいですね。

 


f:id:yone-yama:20180310101921j:image

ギグバッグはベースより長い付き合いの10年選手で、もう縫い目という縫い目、ジッパーというジッパーがあまねく壊れ果てたので先日涙のお別れをしました。

新しいギグバッグは軽くて薄くて目立つ色なので非常に安心&楽チンでよいです。ジッパーも閉まるしショルダー部分も外れなくてすごい。イケベ渋谷の移転半額セールで4000円という破格。