酩酊記

俺にいいことがあるように

Atom+Google Driveで快適テキストコミュニケーションしようぜ

という話をします。

今日は珍しくaikoの話をしません。なぜかというと最近買ったBru-ray3枚組がクソほど最高すぎてアウトプットするキャパを優にオーバーしているためです。無理無理。言語とか無理。曲間MCの「はいよ〜」で五億生/回断末魔を上げて都度死んでるから声帯が終わり倒している。

aiko大先生を讃える文章は趣味ではなく、いわば某宗派における聖地に向けての五体投地礼というか、つまり人類として生を享けた上での義務なので 今日はきりっと趣向を変えて完全なる趣味の話です。

営業/企画職のみなさん、エディタ何使ってます?

これめっちゃ聞きたいんですよ…ひとが使ってるエディタとか業務効率化ツールとか(特にめっちゃ仕事できる先輩とかに)すげえ聞いてみたい…使ってるツール話しばりの飲み会とかしたい…できない…なぜならコミュニケーションに障害を抱えているから………

    というわけで表立って聞いたことないけど、だいたい候補としてはこんなもんじゃないだろうか↓

  • OSデフォルトのメモ帳派(別に書ければなんでもいいし)
  • Evernote派(使いづらいけど画像も含めて同期できるのいいよね)
  • One Note派(癖あるけどwindowsで使うの便利だよね)
  • Google Docs派(...見たことないけどいるのだろうか...)
  • テキストエディット特化系のエディタ派(観測範囲ではterapadサクラエディタ、cot editor、simplenoteとか。編集畑は秀丸がシェア多いのだそうな)

(まあ慣れたものを使うのが一番なんですが)

自分は今までwindowsデフォルトのメモ帳→notepad++→simplenote→One Note→Evernoteと使ってきました。エディタを変えるのが趣味です。 ここ3年くらいずっとひとところに定住できない流浪の民だったのですが、理由は以下のあたりでした。

ローカルでやる系のエディタ(cf.notepad++ / デフォルトのメモ帳)

  • 別デバイスと同期できない(PCオフィスに置いてあるときに出先からチェックできない!)
  • ひたすら見づらい(主にデフォのメモ帳系、特にwindows。昭和を生きさせられてる気持ちになって悲しい)
  • バックアップ取ってないと死ぬ (一回全データ飛んで記憶頼りに議事録書き直したときはつらかった)
  • カスタマイズできなくてさびしい(最近のmacのメモ帳とかはかっこいいけど、どうせ書くならなんかカスタマイズしたいじゃん男の子だし)

クラウドで管理する系のエディタ(cf.Everonte / onenote / simplenote)

  • 同期が重い(主にEvernote)
  • 記法に対応していない(simplenoteとかGoogle Docsとか)
  • 純粋なテキストエディタとして作られてないので使いづらい(主にEvernote
  • Markdown中途半端に対応するくらいならやめちまえ(主にEvernote)
  • 毎度毎度フォント変えないとMSゴシックになるのなんでだよ(主にOne Note)
  • ***って打ってエンター押すと無駄にボーダー引くのなんでだよ!!!!(主にEvernote

と、ここまで使って(そして主にEvernoteに八つ当たりしながら)気づいたこととしては、 自分含め非エンジニア職が業務で使うエディタツールとしては以下の要件が満たせると嬉しいということでした。

  • 立ち上がりが早くて書きやすい(客先でバシッと立ち上げてシュッと書けるのだいじ)
  • 同期できる(スマホでもPCでも編集したい、常にバックアップ取られてると嬉しい)
  • 書式で迷いたくない

あと個人的には以下が満たせるとなお嬉しい。

で、流浪の民を続けて4年目で最強の組み合わせを見つけました。

Atom + Google Drive File Stream

エディタをAtom、そしてAtomでいじるファイルの置き先をGoogle Driveにするという技です。 File StreamでGoogle Driveをローカルのボリュームとしてマウントできる事に気づいてこれを始めたら最高でした。 手順はこちら。

  1. Atomをダウンロード atom.io

  2. Google Drive File Streamをダウンロード support.google.com

  3. AtomのプロジェクトフォルダをGoogle Driveの特定フォルダにする

もうこれだけで天国が爆誕します。 サクサクなエディタでテキストが書けて、かつファイルは全部Driveに自動保存されるという。

いいところ

atomは基本なんかしらの言語を書いていくためのエディタなので、シンタックスハイライトにはバッチリ対応してます。 markdownも同様、自動で色分けしてくれて便利。 f:id:yone-yama:20190112015808p:plain

あとは(VS Codeでも同じような事できると思うんですけど)Atomプラグイン(パッケージ)入れるのがひたすらに簡単でした。

qiita.com

このへんを参照しつつapmを使えるようにしまして、 なんかおもしろそうなパッケージをひたすらターミナルからapm install hogeしていくとよいです。

f:id:yone-yama:20190112021810p:plain
こんなかんじ

テーマとかもいじれてめっちゃかっこよくできる。今はkingfisherというテーマを使ってます。 f:id:yone-yama:20190112015904p:plain

もっとatomのいいところ

このパッケージの中に最強に助かるやつがあります。Markdown Preview Enhancedというやつです。

GitHub - shd101wyy/markdown-preview-enhanced: One of the 'BEST' markdown preview extensions for Atom editor!

名前の通りなんですけどこれ使うとMarkdownで書いた文章がEnhancedにPreviewされます。バツグンですね。

f:id:yone-yama:20190112015121p:plain
こんなかんじ

これプレビューをそのままリッチテキストとしてコピペできるので、

Google docsに貼っつけて共有してもいいし、

f:id:yone-yama:20190112015330p:plain
docsに貼り付けたようす

PDFにしてもよい。(atomのパッケージにもpandocっていう変換できるやつはあるんだけど書式がいまいち日本語対応しきれてなくてダサかった)

f:id:yone-yama:20190112015427p:plain
docsをPDFにしたようす

Markdown、自分で書いたり社内共有したりには適してるけど営業マンって社外にも文書共有するケース多いじゃないですか。 「PDFでくれ!」「Wordでくれ!」みたいなニーズにもバッチリ満たせて最高です。 あと元ファイルは.mdでGoogleDriveに置かれてるので、社内で複数人編集したいぜ、というときにも権限渡すだけでいじれて非常に便利。

というわけで

完全に趣味の話でした。テキストエディタと同様、todo管理ツールも多様な変遷を経ていてtrelloに辿り着いた経緯があるんですがこれは次回にします。 エディタ使いこなしてメリットあるのはエンジニア職だけじゃないよね、という気持ちで書きました。業務、効率化していこうぜ。

最後に

www.oricon.co.jp

大先生が外界のドラマに主題歌を提供なさるという画期的なニュースがあったので皆さん毎週金曜日23:15はテレビに釘付けになりましょうね